一本化で気持ちも返済も楽に

キャッシングを一本化すると、複数の消費者金融などへの返済がひとつになり、返済計画が整います。キャッシングの一本化では一社のみの返済になるため、一度あたりの返済金額も抑えることができ、毎月の支払いも無理のない範囲となるでしょう。これまで毎月何回も返済日を迎えることで、借り入れのことが頭から離れなかったという人も、心機一転、返済も生活も充実させることができそうです。

キャッシングの一本化でこうした生活を手に入れた後は、借り入れに頼り過ぎない生活に切り替えていくことが大切です。返済が続いている間は自分を律することができるかも知れませんが、完済するとついもう一度キャッシングの道に戻ってしまうことがあります。キャッシングの一本化で手に入れた生活の充実を守るためには、それ以降のキャッシングを抑える必要があるでしょう。

一本化しなければいけないほどの残債を溜めてしまう人の多くは、キャッシングへの気持ちの依存も高くなっていることがあるものです。完済後には新たにカードを使わないように全てのローンカードを処分して、現金ベースで生活をしていく努力も必要となりそうです。債務整理とは違って再度カード申し込みが通る可能性もあるため、新規申し込みもしないように心がけましょう。

一本化を決める前の注意

キャッシングの一本化は、誰にでもできるものではありません。複数に渡って行われてきたキャッシングローンの残高や積み重なった金利などを合わせると高額となり、審査が厳しくなるためです。また、さらにキャッシングを一本化したからといって、必ず今までよりも低金利になるとは限りません。加えて、返済をまとめることで返済期間が延びるため、金利は低くても利息総額は高くなることもあります。

そのため、キャッシングを一本化する場合には、その前に自分のキャッシングの状況と一本化できる金融機関の条件を重ね合わせて返済シミュレーションを行うことが大切です。まとめることで毎回の返済額を抑えたいという場合であれば、多少の利息総額の増額でも納得できるということもあります。自分の納得できる条件を考えつつ、一本化した後の利息総額を比較して、本当に役立つかどうかを考えてみましょう。

また、キャッシングの一本化の審査では落ちてしまうことも多くあります。消費者金融でも銀行でも審査の内容や落ちた理由は利用者に教えられないため、審査前に自分自身で審査に通ることができるかどうかをチェックしておくことが必要です。特に借り入れ先の件数が多い場合には落ちるリスクが高いといわれています。

キャッシングの一本化のやり方

キャッシングの一本化では、通常のキャッシングローンなどと同じように借り入れ前の審査を行います。ただし、キャッシングの一本化に利用できるローンの審査では借り入れ金額もふくらみがちとなるため、審査は簡単ではないと考えておいた方が良いでしょう。

審査では虚偽の申告をせずに、正直に借り入れ件数や金額を伝え、個人情報を提出します。審査の過程では返済できるかどうかを重視されるため、電話での勤務先の在籍確認も行われます。また、金融機関と話し合って今後の返済シミュレーションも行い、スムーズに返済していくための計画が立てられます。

審査が終わるとお金が振り込まれるので、借り入れしていた他社のキャッシング残高を精算します。これが済めば複数の会社への返済がなくなり、新たに一本化した金融機関に対してのみの返済が始まります。これまで煩雑になっていた複数のローンカードなどは処分して、それ以上の借り入れをしないようにした方が安心です。

一本化ローンでは一度借り入れが終わると追加融資はできません。そのため、今後は借り入れせずに返済だけを行っていくこととなります。申し込み時点で計画した返済を守って、地道に返済を行うことで完済を目指します。

キャッシングの一本化

キャッシングの一本化、またはおまとめローンなどとも言われているサービスは、多重債務やあちこちの消費者金融などから借り入れたローン残債をひとつのローンにまとめるというものです。いくつもの消費者金融でキャッシングローンを利用すると、返済する先も返済日もバラバラで返済の計画が分かりにくくなります。そのため、キャッシングを一本化することで返済計画を分かりやすくすることができます。また、バラバラで少額ずつ借り入れしているものをまとめることで、大口融資として金利を減らすことができる場合もあります。

キャッシングの一本化を利用する場合には、おまとめローンやキャッシングの一本化がしやすい低金利、高額融資額を持っている金融機関を探すことが大切です。おまとめローンはおのずと金額が多くなるため、借入限度額の最高額が自分の借り入れ金額に満たないこともあります。金利が高くなってしまうことや、借り入れ総額を全てまとめられなくなると、一本化の意味がなくなってしまうため、金融機関ごとに違う融資条件で絞込みをすることが必要です。

また、比較的大きな金額を借り入れすることになるため、審査には注意が必要となります。審査に通ることはもちろんのこと、審査で信用を得ることで金利を抑えることができるかも知れません。ただし、一本化してもあまり良い効果が得られない人もいるため、利用する前に慎重に見極めることも大切です。当サイトでは、一本化ローンの利用の仕方について詳しくご紹介します。